楽しむ…!

わっしょい。

1/35 メカトロウィーゴを塗ってみた

長らく積んでいたウィーゴさんを塗ってみました。 

 

どーん。

f:id:usushio_aji:20170615022923j:plain

 

鋳銅風。

 

正面。

f:id:usushio_aji:20170615021143j:plain

 

今回は雑貨屋さんに置いてある銅製の置物っぽくしたかった…というわけで、こんな風にざっくりした感じになるように、グンゼマホガニーサーフェイサーの上からタミヤエナメルでペチペチと塗ってみました。使ったのはタミヤの白い安い筆。

 

f:id:usushio_aji:20170615021134j:plain

 

小さいので部分的に溶きパテで荒らしてみたりして、存在感が出ればよいなぁ、と。昨年から放置していたため、すっかり消し忘れていたパーティングラインが見えてるのが、反省点かな。

 

f:id:usushio_aji:20170615021131j:plain

 

実はダークコッパー、ゴールドリーフ、クロームシルバーの3トーンなのですけれども、意外とコッパーとゴールドの色の差が出なくて、ほぼ二色に見えてしまいました。

 

f:id:usushio_aji:20170615021149j:plain

 

なんとなく光武Fを思い出す収まりのよろしいフォルム。

 

f:id:usushio_aji:20170615021140j:plain

 

同スケール&丸いもの同士なので、ガチャーネンのS.A.F.S.と並べてみました。

方や遠い未来の戦争兵器、方や近未来の小学生の通学用。直接着込むパワードスーツ型と立ち乗りのロボットという違いはあれど、子供用の方がずんぐりしていて大きいのが意外ですね。

通学用なら、もっとカラフルでツルツルスベスベしてるでしょうから、これはあくまで小物としてのウィーゴさんですけれども。

 

f:id:usushio_aji:20170615022927j:plain

 

というわけで、机の角で電話番に勤しむウィーゴさんを眺めつつ、お別れです。