保温モード

わっしょい。

ヘルムヴィーゲ・リンカーを塗ってみた

f:id:usushio_aji:20170710003021j:plain

 

最近のガンプラはどんなものじゃろうと思い、塗ったら楽しそうな機体を探して作ってみました。設定通りフレームに装甲を被せる構造が面白かったです。

 

f:id:usushio_aji:20170710003224j:plain

 

騎士っぽいというか、ミノタウロスげなあんよがカワイイ。サクサクっと組んでベタベタっとぬるだけでこうなってしまうのだから、最近のガンプラは凄い。

 

f:id:usushio_aji:20170710003308j:plain

 

塗装はタミヤNATOブラックの缶スプレーで下地を作り、タミヤエナメルのメタルブルーとゴールドリーフをドライブラシ気味にペンペン、じゃなくてペタペタ。なんだかメタリックで塗装される方が多い印象。不思議なんですが、なんとなくメタメタさせたくなる機体なんですよね。

 

f:id:usushio_aji:20170710003433j:plain

 

角、ケーブル、目はファレホ。塗った感じがきめ細かくて、緩く溶いてあり弾きにくいガッシュみたいな感触。差し色がホワイトって、ガンプラだと珍しい配色ですね。特にケーブルに使うのは新しい気がする。

 

f:id:usushio_aji:20170710003502j:plain

 

性能だけを見たら、使いたい色があるならタミヤアクリルや水性ホビーカラーでも別によいかなぁ、という気もします。ただ、無臭・有機溶剤レスは、この時期はありがたいですね。模型趣味再開後、まったり筆で塗るのはまっているので、無くなった色から置き換えていきたいかも。

 

f:id:usushio_aji:20170710003518j:plain

 

 にしても、電球当てて撮ったら写真が赤っぽい。目が慣れてしまうので撮ってる時はあんまり気づかないのだけど、オートモードじゃダメなのかな。